Informationお知らせ

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の抗体検査について
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の抗体検査キット(IgM/IgG)が少量入荷しましたので,ご希望の方に自費で対応致します.「あのときに熱が続いたのはコロナだったのだろうか?」などの疑問解決になるものと考えます.
この検査は,SARS-CoV-2に過去にかかったかどうかを調べるものですので,現在発熱している方や咳をしている方など,いまかかっていることを疑われる方には対応することができませんのであらかじめご了承下さい.また,数に限りがありますので,なくなり次第終了となります.
抗体検査の是非については,Yahooの下記の★リンク★に,一般の方でもわかりやすい説明があります.
★リンク★
40歳以上75歳未満の方の特定健康診査について
令和2年4月1日より,40歳以上から75歳未満の方が対象の「特定健康診査」を当院でも取扱いが出来るようになりました.受診料は横浜市国保の方は無料で,その他組合では一部自己負担金がある場合があります.結果は郵送通知となります.ご自宅に届く受診券,各種健保組合から提供される受診券をご確認の上,受診の可否や受診日につきお電話等でお問い合わせ下さい.
電話初診について
令和2年5月13日水曜日より,当院にかかりつけでない方の「電話初診」に対応開始致します.
「コロナウイルスにかかっているか判断しかねる症状で相談したい」「遠方の病院に通院しているが,そこまで行くことが困難になっている」「通院中のクリニックでは電話再診に対応していない」などの需要に対応致します.ただし対面診察を経ない初診では,受診のために満たすべき条件が多数に渡るため,出来るならば直接来院することをおすすめします.条件等の詳細は下記の★リンク★をクリックしてください.

★電話初診の詳細はこちらをクリック★
発熱等の患者さんの対応について
令和2年4月20日月曜日より,37度以上の発熱のある方,咳をしている方,もしくはご自身に新型コロナウイルス感染症を疑っている方などについては,当院入口前より当院あてにお電話を頂き,診察のための専用個室が空いてからの入室対応としておりましたが,さらに患者さんの動線を明確に区別するため,4月30日木曜日より,上記の患者さんについては,火曜日を除く午前11時30分から12時30分のみの対応と致しますので,この時間までに必ずお電話にて受診の可否につきご相談下さい.
電話再診について
令和2年4月22日水曜日より,慢性疾患で当院定期通院されている方に「電話再診」による診療も可能とすることと致しました.受診手順の詳細や,適応できるかどうかの情報などについては,下部の★リンク★をクリックして下さい.

★電話再診の詳細はこちらをクリック★
風しん追加対策事業(第5期定期接種)について
昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性に限り,無料で風しんの抗体検査を行っております.ご自宅に市から送付された「クーポン券」をお持ちになり,ご来院ください.
令和2年(2020年)3月31日が有効期限のクーポン券も,令和3年(2021年)3月31日まで期限延長で使用することができます.
また,風しん抗体が陰性の方に,ワクチンの追加接種を無料で行います.こちらの有効期限に関しましても,令和2年(2020年)8月31日になっている方でも,令和3年(2021年)3月31日まで延長されております.
接種希望の方は,予めお電話でお問い合わせ・ご相談ください.
★横浜市風しん追加対策事業のページへ★
緊急事態宣言の発令に伴う当院の診療について
令和2年4月7日に緊急事態宣言が神奈川県下に発令され,翌8日施行されました.
4月8日現在,これに伴う休診・診療時間短縮等はございません.通常通り診療を継続しております.
「処方外来」の新規開始について
令和2年3月31日より,慢性疾患の軽症患者さんに対して,順番を待たずに簡易な対面のみで定期処方を行う「処方外来」を開始致します.ご自身が処方外来に該当するか否か,など詳細については,院内診察室の横に貼付してありますポスターをご覧下さい.
当院の待ち時間状況の確認について
令和2年3月19日より,当院のディスプレイに表示されている待ち時間表示案内が,自宅や外出先からパソコンやスマートフォンを通じて閲覧できるようになりました.来院時の混雑具合をあらかじめ知るための参考となります.閲覧の仕方など詳細については受付でおたずね下さい.
中国湖北省武漢市を起源とする新型コロナウイルス(COVID-19)関連肺炎について
表題のCOVID-19は令和2年2月1日より感染症法上の指定感染症となっております.
次に該当の方は,必ず下記に示します「帰国者・接触者相談センター」や居住地の「福祉保健センター」へご連絡ください.
 •風邪の症状や37.5℃の以上の発熱が4日以上続く(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様)
 •強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
 •重症化しやすい方(注)は,上の状態が2日以上続く

(注)重症化しやすい方とは,高齢者・ 糖尿病・心不全・呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方,免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方を指します.
(上記は令和2年2月20日現在の相談センターに連絡すべき,国が示した目安です)

(いずれの番号も携帯電話からは市外局番045から発信してください)
●帰国者・接触者相談センター;664-7761
●港南区福祉保健センター  ;847-8438 (夜間休庁日;847-8485)
●戸塚区福祉保健センター  ;866-8426 (夜間休庁日;866-8480)
●南 区福祉保健センター  ;341-1185 (夜間休庁日;341-1111)
慢性疾患患者さんの予約制導入について
開院当初よりすべての患者さんに対し,来院順に番号をお取りいただき,その順番通りに受診をしていただいていたところですが,令和元年8月19日より順次,糖尿病や高血圧症,脂質異常症,気管支喘息などを代表とする「慢性疾患」で通院いただいている患者さんに対して,予約制を選択できるよう導入を行うことと致しました.予約制はご自身で希望される方の申出による自由選択制となっております.ご希望の方は受付にあるリーフレットをご覧ください.
お支払いにクレジット決済,およびPayPay決済対応しました
令和元年6月17日(月)よりクレジットカード(VISAカード・Masterカード2種類)に対応しました.
令和元年5月27日(月)よりPayPay決済に対応しました.
.

Features of Clinic クリニックの特長

  • 糖尿病・内分泌内科の専門医による
    オーダーメイドな治療
    院長の専門領域の内分泌(甲状腺など)・糖尿病・腎・高血圧・生活習慣病・骨粗しょう症・肥満症などの診療だけでなく、風邪や肺炎、心不全や高齢者医療も含め、全内科領域にわたったオーダーメイド治療を行ってまいります。
    診察のイメージ写真
  • 内科疾患の複合的な管理を行います 糖尿病・喘息の合併、アルツハイマー認知症・不整脈の合併など、各科をまたぐ疾患や多岐にわたる疾患、薬剤の減薬・整理などの内科疾患の複合的な管理を行ってまいります。
    薬・血圧計のイメージ写真
  • 即日検査ができる検査機器の導入 即日迅速なHbA1c、血糖値、尿検査、血算、生化学(コレステロール、中性脂肪、肝機能、腎機能など)、CRPなどを即日検査が可能な機器を導入、その日のうちに検査結果を確認、初期治療を開始できます。
    検査のイメージ写真
  • 地域のかかりつけ医として
    高度医療機関と連携し、
    地域医療に貢献します
    初期治療はもとより、慢性疾患の管理、など地域の「かかりつけ医」として皆様の健康に貢献いたします。また重症や難病などにおいては総合病院との連携し、全幅の力で対応いたします。
    医師のイメージ写真
  • 各駅からアクセスが豊富 上大岡、東戸塚、上永谷、保土ヶ谷など各駅からのバスのアクセスが豊富にあり、今まで駅前まで通院をされていた方も、駐車場を完備しているため、お気軽に受診できます。
    車のイメージ写真