呼吸器疾患

呼吸器疾患のイメージ写真

呼吸器疾患は,呼吸に関わる疾患,主として「肺」を原因とする病気です.
 かかっている方の多い疾患として,プライマリケアでは一般的な感冒や上気道炎,肺炎,喘息があります.

かぜ(感冒)

 一般的にいわれる「かぜ(風邪)」は,「普通感冒(ふつうかんぼう)」という病名を指します.
 普通感冒は,鼻から,のどの喉頭といわれる手前までの範囲の「気道」で起こる“ウイルス”による急性炎症です.症状は,のどの痛み,くしゃみ,鼻水,鼻づまり,頭痛,発熱などがあり「かぜ症候群」と呼ばれます.通常は3~4日以内には自然軽快します.
 かぜは,ライノウイルス,コロナウイルス,RSウイルスなど,さまざまなものが原因となりますが,その90%以上は列挙したような“ウイルス”により起こります.
 よく,かぜに抗生物質を出された経験がある方もいるかと思いますが,ウイルスには抗生物質は100%無効ですので,抗生物質は処方すべきではありません.これらのかぜウイルスには特効薬はありませんので,それぞれの症状を抑える薬を用いることになります.
 鼻水に対しては,花粉症などで頻用される「抗ヒスタミン薬」など,咳に対しては,それを抑える鎮咳薬(ちんがいやく),痰が多ければ去痰薬(きょたんやく),発熱や頭痛に対しては消炎鎮痛薬を用います.
 先も申し上げましたとおり抗生物質は,かぜにはまったくもって無効であるばかりか,副作用だけをもたらす可能性があるわけですし,価格も決して安くありませんので,安易な処方をしてはなりません.
 ここで誤解してはならないのは,かぜと症状が非常に似ている「かぜではない」病状・症状と思われれば,ここではじめて抗生物質の投与を考慮するということです.内科専門医としては,この「かぜ」か,そうでないか,の線引きが腕の見せ所であるわけです.これには問診と診察が必須です.
かぜと似ているがそうでない疾患例を挙げれば,有名なのはインフルエンザ,その他,感染性扁桃炎(へんとうえん)や扁桃周囲膿瘍(へんとうしゅういのうよう),咳喘息(せきぜんそく)や副鼻腔症候群などの慢性咳嗽(まんせいがいそう),下気道炎・肺炎などです.免疫抑制剤服用中の方や,免疫低下傾向を来す疾患を持っている方も,場合により抗生物質の投与を考慮します.
かぜに安易に抗生物質を処方することは,その薬が効かなくなる「耐性菌(たいせいきん)」を生み出す原因となり,結局将来的に,その地域一円に感染症の危険性を上昇させてしまうという問題が発生します.効くべき抗生物質が効かなくなってしまうからです.こういった地域の公衆衛生の維持のため,当院では症例を十分に選んで,安易な抗生物質の処方を厳に慎んでおります.